読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海馬の星

玉森くんとキスマイ。書き留めておきたいことを綴るところ。降りそそげ愛のシャワー。

2016年を振り返る

あっという間に2016年もあと少しで終わっちゃうなぁ。

先日のジャニアイでわたしの本年度の現場は終了したので、振り返りでもしておこうかと思って下書きしてたのにもはや今2月下旬。


1月 映画「レインツリーの国」公開中。最後まで足を運ぶ。
7月 CONCERT TOUR 2016 I SCREAM@京セラドーム大阪(1日・2日・3日)
CONCERT TOUR 2016 I SCREAM@ナゴヤドーム(10日)
セリーグ公式戦 巨人vs広島@京セラドーム大阪(27日・28日)
8月 CONCERT TOUR 2016 I SCREAM@東京ドーム(6日・7日)
9月 DREAM BOYS@帝国劇場(9日夜・14日昼・21日・24日・25日昼)
11月 キスマイナガサキの旅(2泊3日)
12月 JOHNNYS' ALL STARS ISLAND@帝国劇場(8日昼)

広告を非表示にする

ジャニーズ・オールスターズ・アイランド 12月8日昼公演(2幕・未完)

ジャニアイ

幕間でも、「なんかすごいものを観ている」というのと、「ストーリー分かんない笑」というなんともふわふわした気分で30分を過ごした。
ちなみにその間の幕には上手側に連なった雪山、下手側にクリスマスツリーが。その上からひらひらと雪が降ってた。



さて2幕。幕が上がる前からキャーキャー言う声が下から聞こえてきて(2階席だから全く状況読めない)、あ、ここでガチャなのかな?と勘付く。そして客席から舞台へ向かうその人が、人差し指を空に向かって立てたのが影だけ(おもしろいくらい幕に影だけうつって見えた)見え、黒い衣装のその人が歌い始める。

正体は、中島健人くんだった

勝利くんもほんっとキレイだなぁって思ってたけど、健人くんもキラキラしたオーラ放ってた…眩しい…。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
そして2曲を披露。
後でレポ見たら「Mr.Jealousy」と「Forever L」。1曲めはすのバック。これがほんっとかっこよくてだな…
すのは曲ごととかシーンごとにいろんなメンバー追っちゃうんだけど、
この曲の阿部ちゃんがえらいかっこいいしセクシーだし目でやられた。
担当だったらこれ健人くんに菓子折り持っていかなきゃレベルですばらしかった。
あと途中で健人くんの横にいた岩本くんから順番に苦い顔というのか、変顔の連鎖みたいなところがすごく可愛かった(*´ー`*)

2曲が終わると「というわけで今日のゲストは中島健人くんでしたーーー!!!」
と、廉くんが紹介しながらキング3人登場。
たかいとくんはずっと横からチャチャ入れるように「ラブケンティ!」「He is love kenty.」って連呼してた笑。
3人中2人不思議な子のグループなんやね…笑。

仕切る廉くんもなぜか緊張してるようで、健人くんにも紫耀くんにも突っ込まれてた。
それに対して放った「若干ね!」の返しすら少し噛んで聞こえて、
「ずぁっかんね!って笑」ってまたからかわれていた。平和。

あとはバトンの話とかかな。当たったらほんまに痛いんです!っていうことや
(これはほんと経験者だから分かるけど息できないくらい痛い)
みんなすごいよね、っていう健人くんのお褒めなど。

すると下手からひょこっと勝利くんが顔を出して、巻きで!という合図を送る。
センターまで出てきてメンバー同士の絡みに担当は嬉しいだろうなぁとほっこりしたシーン。
「これも片付けないと!」ってマイクスタンドを持って片そうとする勝利くんに、
「ほんと時間ないから!」と言うてるのに最後までマイペースな健人くん、
衣装のチーフポケットに挿してた赤いバラを「僕からのプレゼント」と言い客席へ。
「この一輪の花言葉知ってる?俺にはあなたしかいない。」


最後の最後までこの人はアイドルだなぁと感動した。

(ちなみに、終演後に千賀担のお友達と飲みながらこの話をすると、「"ケント"ってつく人、物投げがち。」って
うまいこと言われたのでそちらもお納めください。)

そして本編へ
「俺たちもああ(あんな風に輝くように)なれるのかなぁ?」
「ああなるために、宇宙行かない?」
「宇宙?」
「宇宙といえば空、星空、星空といえばスター!!」


えっ、こんな感じで宇宙行くの?とハテナめっちゃ飛んだよ?

でも、無事に?宇宙へと旅立つことに

ジャニーズ・オールスター・アイランド 12月8日昼公演(一幕)

ジャニアイ

ジャニーズ・オールスター・アイランド、今回は最初で最後の1公演を観に帝国劇場へ。
話の内容が理解できないまま終わりそうな気がしていたので必死にインプットしていたものの、結局は支離滅裂なままのアウトプットになりそうな気しかしない笑。
帝国劇場『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』



ちなみにわたしジャニーズの舞台ったそういえばドリボしか見たことない。


ピカピカした電飾から始まり、幕が開くとジュニアマンション
初っ端から目が足りない。
Mr.King(ピンク)→Prince(水色)→SixTONES(黄色)→Snow Man(青)→Love-tune(オレンジ)→Travis Japan(緑)→Hi Hi Jet(赤)の順だったと思うんだけど、それぞれのグループ名の入った曲をそのグループごとで踊る。
ちなみに衣装もカラーでグループごとになってる。

その曲が終わるとマンションごとハケて、更に小さいジュニアたちが白い衣装で登場。2階席からはあまり見えなかったんだけど、誰かが英語で全員の下の名前を紹介しながら。

そして3人が1人ずつ曲に合わせて登場。勝利くん、たまもりくん、たいぴちゃんの順かなぁ。
たまもりくんは登場してすぐステッキを落としちゃってどんくさもりくんだった笑。
それにしてもたまもりくんほんと美しい。ステッキと一緒に踊るのも可愛かった。
曲の感じといい、ピエロというか、ショーに出ているお兄さん感というか、
楽しくてふわっとした空気があった。レビューって感じが似合ってた。
時折またお口をむにっとしてて、あぁたまもりくんだなぁって。


たいぴちゃんも終わったら全員で歌って踊る。Let's Go To TOKYO。
「過去と未来を繋ぐ場所へ」「 踊るのさforever」くらいしか書き取った歌詞で読めるものがなかった( ´;ω;` )
たまもりくんは少し後ろの方にいたんだけど、ちょっと無になってて笑。
でもそんな感じでも相変わらず指先がきれい。

そしてそこからショーマストゴーオンのシーン
(たまもりくんしか見てなくて何が起こったか全く分かんなかった笑)。
たいぴちゃんとたまもりくんの対立。
たまもりくん「悩むな!」
たいぴちゃん「いいや悩め!」
最後には同じ方向を向くけれど、冒頭から2人の意見の違いがあることで
明暗というか、コントラストが演出しやすいんだなぁって伝わってきた。

すの、壁フライング
ドリボみのあるオフィス街の映像から始まってさっくんがまず1人で。そのあと岩本くんかな。
そして両サイドで2人ずつが縦になってフライング。
これは呼吸合ってなかったらできないだろうし、すのだからできるパフォーマンスだと思った。

後半はまたさっくんが1人残る。後ろの映像も炎→雲、みたいにどんどん変わる。
ここでも多分たいぴちゃんが喋ってるんじゃないかな…。
炎や雲の映像の中でフライングしてたさっくんは最後にその幕に吸い込まれるようにし消えていった。そのあと流れた映像がすごい酔った…。

一転、太鼓
ここは結構長く時間取られてるんだけど、ほんと圧巻のパフォーマンス。
下にローラーが付いてるので動かしながらフォーメーションを変えて演奏したりと
見応えがあった。
たまもりくんを尊先と公言してる長妻くんを見てると、ぺろっと唇をなめたり、むーーっと食いしばって叩いてる姿が少したまもりくんと重なった。
しかし手足が長いからみんなより大きく足を広げて立つ必要があるのが大変そうだなぁと。
他のメンバーもすごい迫力なんだけど、それでもドラム経験者は余裕がある。
みんなは必死に叩いてる感じなんだけど、岩本くん萩谷くんあたりは視線がまっすぐ前だったり、
周りを見る余裕が。それもそれですごい!と感動した。


たいぴちゃんと勝利くんが出てくる。
たいぴちゃん「過去はどうだ?」


そして戦争のシーン
年代ごとかグループごとか、集まりの中の1人ずつが
「行ってまいります、」という切ない内容の台詞を発して戦地へ乗り込む。
1番グッと来たのは「まだ遊んでいたかったなぁ」っていうチビジュの台詞。
小さい子もそうやって運命に翻弄されてしまうのが悲しい。

そしてそこから兵隊のマーチ。
さらに岩本くんが大きなピンク?赤?の銃を持って登場し、それに続いて銃を持って行進が始まる。最後は全員銃をスピントスしてキャッチ。

東京オリンピック
戦争のシーンが終わったら再度たいぴちゃんとたまもりくん。
のそのそっと登場するたまもりくん。
たいぴちゃんがこの戦争の、暗い過去の話をしていても
「偉大な偉業があるんだ!」
「そのわずか18年後、東京オリンピックが開催された。」
と、明るい未来を話す。
それに対してたいぴちゃんがまたつっこんでも、
「なんで素直に見れないかなぁー!」って目を細めてダンダン!って駄々こねるみたいになりながら返す。(めっかわ)
「輝かしい部分。喜びの歌が聞こえてくるだろう!?」っと振って、すたすたすたーってハケていく。


ここからは体操のお兄さんみたいな衣装を着たPrinceが旗。キングがバトン。あと赤いユニフォームで体操選手のようなパフォーマンス。
紫耀くんのバトンがあまりにうまくて、バトンやってたわたしはそこばっかり見てしまった。
ちゃんと重心が分かってるというか、バトンって両サイドのゴムの重さが違うので、
ど真ん中を持ったらバランス悪くって、持ち方とか回す時の親指の使い方とかにコツがある。
紫耀くんはその辺が完璧で、だから回るスピードも速いし綺麗に回転するし、
回転なしで投げる時もまっすぐ。スピントスもほんと綺麗。
最後はみんなワンスピンしてキャッチ。

次に中央にバンクが登場して、ハイハイがローラーパフォーマンス。
続いてすのすとのバスケ。これがなかなか決まらなくて残念だったな…。
1番最後は繋いで繋いで最後のダンクは大成功。

たまもりくんが壁側の窓に登場して、たいぴちゃんの前振り。
たいぴちゃんソロ。
衣装はツアーで1人結婚式と言われた時のと似てるかな。ひらひらしてる感じが。
椅子を使って踊る。バックも含めて踊り狂う感じがとってもカッコいい!

たまもりくんソロ「Dinga」
衣装は黒のサルエル、上は長めの白。黒のハイカットスニーカー。
かっこいい…美しい…震えるくらい素敵…。
EDMまでいかないけどALIVE寄りな曲で、ダンスもたまもりくんらしくてかっこいい!!

肩から腕にかけての動きのしなやかさ、綺麗な指先。
ブラホワで、あごに人差し指をあてて頷く振りがあるけど、それに近い動きがあってすごく好きだった!
歌詞も「あきらめない」っていう強い意志のものもあり、英語も多かったな。
またこれどこかで観れるといいんだけどなぁ…。

基本たまもりくんロックオンしてるので他まで見る余裕ないんだけど、途中でたまもりくんの両サイドが岩本くんとジェシーっていう
なんともスタイルの良い3人が視界に入って。そうだ、スタイリッシュだこの曲…!ってさらに感動した。


続いて勝利くんソロ。


そのあとまた体操っぽくなる。
YMCAみたいな衣装(ってメモに書いてる)で踊ってる。


すのはアクロバティックとジグザグのアレンジ曲を。
続いてトラジャ。
キングとプリンスは竹フライング。
この辺からなんだか大掛かりなアクロがさらに増えてきてる印象。

らぶとぅんはハムスターの乗るみたいなのに乗って登場。
長妻くんめっちゃ楽しそうwwの横見たら安井くん居てリアルハムスターかわいい…!
真田くん萩谷くんはそれこそテーマパークのアトラクションのお兄さんのような佇まいだった。
更に後ろには星の形の装置も。

背景にもイルミネーションみたいなキラキラした画面があったり、遊園地のようなシーン。

ここまでが一幕。
目まぐるしく進むストーリーに、目まぐるしく主演の全員が踊り歌い、
なんというショーなんだ…とただただ圧倒される時間だった。
すごい贅沢な時間だなぁって鳥肌が立つ。

幕が上がってすぐなんて、こうやってたくさん居るジュニアのみんなも、いつしかデビューしてこの舞台を懐かしく思うことだってあるんだろうなぁって(直前にキスマイのプレゾン観なおしてたから余計に)なぜかうるっときちゃったりもした。

後半も楽しみだなぁってワクワクするこの感じは言い表せない!

長崎に行ってきました。

キスマイの旅した、新しい7つの長崎へ行ってきました!


yutamasaya.hatenablog.com

DREAM BOYS 9/24夜公演

DREAM BOYS 玉森裕太 宮田俊哉 千賀健永

本日2公演目。記憶が上書きされつつあるので自信はない。

ネクドリ
肩の紐のひらひらがペシっと頬に当たって顔を一瞬しかめるるけどすぐ戻る。
こんな単純なことにすらがんばってるね、って感動するもんぺ。
フライングの着地も少しヒヤリとしたけど、おくちむにっとして、気合を入れ直してる感じがした。

Bomb
なんでこの回に急に思ったのか分かんないけど、メモに「自分自身の自覚を促す」って書いてる。
ダンスも含めて強いチャンプの象徴の曲、歌詞も合わせて味わうと深い。
"想いが自分を許さない こんな僕じゃ満たされない"
これ、今更ながら向上心を持って先を、上を目指していくチャンプだったり千賀くんをとても表してる曲だなあと。
これをここで歌うことでこの前のシーンでチャンプの「負け犬にはならない」
という言葉も生きてくるし、逆に唯一負けているユウタとの試合をすることに対しての強い思い、
あとは最終的にユウタを信じ続けている仲間思いのチャンプという部分との落差というか対比が生きてくる気がする。

Fight Man
これ初めて気づいたのか見たのか、震えた。
ユウタが階段に向かって歩き出すところ。
萩谷くんはユウタに向かって顔を突き出すようにして「へっへっ」というシニカルな表情をしてた。

すごい。

そのあと通り過ぎる時に長妻くんが!

ユウタの肩をポン、と叩く。

これも初めてみたよ!?!?


オフィス
驚くことネタは瑞稀くん。
ミズキ「ディアボロやります。」
トシヤ「ディアボロ?」
ミズキ「ジャグリングの一種で、」と、糸とコマを出してくる。
優斗くんもあわせて技を披露しようとするも、
1度目(下手のミズキ→上手のユウトにコマを飛ばす)は成功。
2度目は大技あるんですよ、と言ってミズキが階段上ってユウトの真上で待機。
ユウトが上に飛ばしたコマをとるハズが失敗。
取れなかった上に「大技成功しないんすよ」と割と投げやり笑。

トシヤ「大失敗じゃん笑、だしトシヤさんを玉拾い扱いかよ笑。」


リカさん去り際、トシヤに驚くことを振る。
リカ「たーだーし!見たことのないやつにして。」
トシヤ「こんなことわざはいやだ。仏の顔も〜〜!サンドイ〜ッチ!」
ややウケくらいだったんだけど、一部下手側からは爆笑の声。
トシヤ「一部にウケてます笑。」
リカ「アッと驚かなかったワ」

ベンチシーン。
トシヤ「ユウタの作った曲、いつ聴いてもいい曲だよな!」
ユウタ「(手で制しながら)ちょっと待って、もう大丈夫。」
トシヤ「なに大丈夫って笑。」
ユウタ「俺の前でもさあ、驚くことやってよ。ただし!まだ見たことないやつ!」
トシヤ「仏の顔もサンドイッチだめぇ?」
ユウタ「(下を指差し)下で見てた!!!」


トシヤ「こんなことわざはいやだ、パートツー!猿も木からぁー!フォールダウンッ!」

また会場やや受け、ただし一部爆笑。

ユウタ「なんだそれ?」
トシヤ「一部の人にウケるの!マニアックな人に!」
ユウタ「さっきからあっち側(下手)ばっか笑い聞こえる!優しくて良かったな。」


なんだそれ?と言いながらも、笑いを堪えてたり、とっても楽しそうでした◎

ロードワークへ向かうカイトとトシヤはメタボネタ。


見送るユウタが、フッと笑って遠くを見つめるのがとってもお兄ちゃんの表情で愛おしかった…。

仮面の世界
明らかに仮面の時のお顔が違う…眉間に縦皺が入る勢いの気合。
でもすごく落ち着いてる。かっこいい…。

仮面は成功したものの、扇子で少しタイミングが合わずずれちゃったけど、
その後に更に気合を入れてる瞬間が見えて震える。こういう瞬間がまたかっこいい…。


クレド
ほんとに血が騒ぐというか、見てるだけで手に力が入るというか、特別すぎる曲。
今日は最後の"Crazy Crazy"のあと、"No Way No Way"の前でもお口をむにっと
させるのが見えて、そこでも気合入れてる。

2幕
メモが少なくて、しかも解読ができたものも少ないので一部だけ。


トシヤ「あいつのことは忘れよう」=忘れられない、ということを感じた。
ちょっとまたキフシャムっぽいけど、忘れようとすればするほど意識して忘れられないこと、
でもそんな大切な仲間だったユウタを忘れなきゃいけない、と思わせるようなことを
ユウタはしたと信じていること、

信じたいのに信じられないもがきのようなものがこの台詞から広がって想像できる。


Survivor。キレッキレでクールで、こうやって最高を更新する玉森座長ほんと好きだ…。
あと壁フライングの始まりで右手を広げて飛ぶ合図のようなことをするときの手。
たまもりくんってほんといちいち所作が綺麗だからこういうときの手の表情に見惚れることが多いなぁ…。


挑戦者。カイトと向かい合って歌うところ、やっぱりお兄さんで凛としてるなぁって、
カイトは全身で力一杯、という感じだけどユウタは凛としてる中にしっかり熱を込めてる感じがする。

あとカイトが笑顔で天国を見上げるのに対して、ユウタはこれからのことを考えてるような気合いの表情。それが2人のケントに対しての気持ちなんだろうな。


「本当の家族と固く結ばれた俺たちは、新生DREAM BOYSとして力強く飛び立っていった」
の最後の台詞。

ユウタ「本当の家族と固く、う、…本当の家族と固く結ばれた(略)」
と、珍しく噛んじゃう( ´;ω;` )。珍しい…。最後少しはにかんだようなお顔で終わっていった。



Show time
えびばで。
登場するたまもりくん、めっちゃ笑いながらw
もしかしたらまた千ちゃん見てたのかな?

むちゅー。
今日も安井くん、みゅーモロあたりを見ながらにこにこ( ´◡` )
その後ろで自担を見つめる長妻くんが不憫かわいい…。

モテたいぜ。
こちらも宮っちに♡を飛ばしてるあらんくんがかわいいんだけど、
「鉢合わせ」で宮っちと向き合ったあとに必ずモロの方を向いてるのがまた
えっへん!なのか、わーい♡、なのか、何なのかわかんないけどモロにアピールしててかわいい。

Sha la la☆Summer Time。
またぽやぽや舞台上で踊るたまもりくん。ほんとこの曲はゆるいw
さっきのぐらびてぃーのかっこよさとの落差すごいw

大サビのときのLet's Screamという歌詞のところなんて、ふわっふわして上下に揺れてる…天使…。

広告を非表示にする

DREAM BOYS 9/24昼公演

DREAM BOYS 舞台 玉森裕太 宮田俊哉 千賀健永

4公演めの観劇。いつも座長ばかり見ちゃうからそろそろ他のところも見たいなと思ってるのに目が足りない。

ネクドリ。
1点を見つめて、クッと目に力を入れてる。この登場の時の気迫にぐっと引き込まれる。
纏うオーラとともにこの気迫がずっと感じられるから本当に座長の風格だなあと感動する。


この後はトシヤの台詞をメモってるなー。

オフィス。
驚くようなこと。

今日の驚くことは猪狩くん。
トシヤ「猪狩なんかある?」
猪狩「待っててください、」

と隠してたベースを取りに。
トシヤ「しばしお待ちを」
瑞稀?「少々お待ちくださいー。」

猪狩「ベースやります。」
トシヤ「え?できんの?初耳なんだけど!」

肩からベースをかけた時にそうなったのか、襟がたってるかヨレてしまった猪狩くん。
それに気づいたトシヤ

トシヤ「せっかくやるんだから、襟がちょっと…」
と、自ら猪狩くんに歩み寄って襟を直してあげるトシヤ。
これほんと宮っちらしくて、とっても優しくてとっても気遣いができて、後輩を魅せること考えてて、とっても良いお兄ちゃんすぎて萌えたよね…。

そして猪狩くんのベース。
緊張したのか最初うまくいかなくて、「ちょっと待って、もう1回」と、一生懸命に披露しようとするのをみんなが見守る。
披露したのはMステのOPやジングルで使われる#1090。

今度はうまくいって、海人くんは階段上ってMステ感出したりして大成功。

リカさん去り際。
リカ「トシヤ」
トシヤ「はいっ!」
リカ「できんのあなた」(ベースを弾くジェスチャー)
トシヤ「おー!?」
リカ「エアーでいいから。」
トシヤ「え、エアーでいいんですか!?笑」
トシヤ「それでは。(息を整える)人生初のエアーです。」

チャラララー!チャ チャラララルアーーー!
とドスの効いた歌声で全力でエアーベースw

リカ「今までのなかで1番おもしろい!」
会場拍手喝采。
トシヤ「リカさんに育ててもらってんなーオレ!」


ベンチシーン。
トシヤ「ユウタが子供のころに作った曲、いつ聴いてもいい曲だよな。」
ユウタ「(手でトシヤを制しながら)ちょっと、あの、俺の前でもエアーギターやって。」
ユウタ「弾いてほしいんだ♪!」

トシヤ「ベース?」
ユウタ「うん、ベース。」
トシヤ「人生2回めのエアーです。」

と全力でエアーベース!

たまもりくん、にっこにこしながら頭をかくーんと下向ける。

ユウタ「こんばんは、…」
とネタをかぶせようとするも曲が終わっちゃうw

ケント「最初からやったほうがいいよ!」
と仕切り直しを提案してくれて、もう一度エアーベース。

ユウタ「こんばんは、タマモリです。」(タモさんのまね)
あっあっあっあっ笑

自分でのっかっておいてくっっしゃくしゃのお顔で笑い出すたまもりくん天使か…

ユウタ?「(名前が近いから)ちょっとぽくない?一瞬あれ?ってなるよね?」
ユウタ「"も"がついてる、みたいな笑。」


ユウタ「…あ、"ま"か笑。 もう満足!このコーナー満足っ!!」



仮面の世界。
仮面を始める時のお顔が。目の気迫が、さっきまでとも全然違う。迫力ありすぎてハッとさせられる。

大技はまたとてもダイナミックで、でも綺麗なしなやかなところも際立って、ほんと素晴らしかった!少し着地ズレてしまってフラっとしてたけど、いいいっと歯を食いしばって続けるのは
こちらも息を飲みながらついつい力が入ってしまう。魅せるのほんと上手になって驚く…。

2幕始まり
表と裏が入れ替わった不思議な世界。
ユウタ「カイト、心配するな、必ず助けてやる」

トシヤ「あいつのためにしてやれることは何もない、あいつのことは忘れよう、忘れるんだ」

ユウタ「逃げてたって何も変わらない。まだ終わっちゃいない、カイト、待ってろよ」

ここ、改めて聞くとユウタが1人で抱えてることが一層際立つようにトシヤの台詞が挟まってるのかな、と。だって、トシヤはカイトのことは心配してるはずなのに、ユウタのためには何もしてやらないと。

Survivor
大きく拳を上げる最後。これも、クレドリは正面なのに対して後ろなのは、何もかも引き受けてやろうじゃないか、から背負うものが増えて、それを視覚でも伝えてるようにも取れる。
ちなみに途中ですごくpre-school
king of hell*1みがあるなあという映像がある。


公園のベンチ
ユウタの台詞、リカさんの話に何度か「復讐…?」「あの人…?」と聞き返すところ。
ここがともすれば単調な聞き返しになっちゃいそうなのに、一つ一つの感情がすごく台詞に入っててすごいなぁと。

組曲
カイト×ユウタ
この2人は始めはユウタが前、カイトがうしろ。
そのあと2人が横に並んで、最後はカイトを後ろから見守るようなかたちでユウタがうしろへ。
その時に歌うカイトのフレーズが「Thank you for your mind」。
このフレーズで、カイトにユウタの気持ちは伝わってたんだな、って分かる。

組曲も含めてちゃんと総括したいな…。

Show time
Gravityのたまもりくん、
この曲好きなんだろうなっていうガシガシ踊るのも大好きなんだけど、
3つ目のボタン外したりチラ見せ妖艶なポイント何度かあるのなんなのあれ好きです!!
なのに途中で、目をくわっ!としてまたガシガシ踊るんだわ…。

Sha la la☆Summer Time、
2人が客席を歩く間もふわふわ踊りながら舞台にいるたまもりくん、
さらに今日はゆるかった笑。
ドンストップそうさもっと、のところ、ドンで下、ストップで上に腕をあげるんだけど、
ほんっっっとにもう、ひらがなの園児の腕振り笑。
(’・_,’)\どん(’・_,’)/すとっ!

座長挨拶。
本日はどうもありがとうございました。
もう1週間も切って、残りの公演も数えられるくらいになってきましたが、
ほんとに最後まで(語気を強める)、1公演1公演全力で努めていきたいと思います。
本日はありがとうございました。

*1:わたしの個人的に大好きだったバンド。解散しちゃったし映像もないのですが…。 蟻の🐜マークで、赤と青で3D風のMVだかコンサートのVJだったか、それを思い出す pre-school

広告を非表示にする

DREAM BOYS 9/21昼公演

DREAM BOYS 舞台 玉森裕太 宮田俊哉 千賀健永

1週間ぶりに観劇。

9日、14日に続き3回目なのですが初の1階席で、2階席大好きオタクだけどちょっと久々に1階で観るとすごくて感動がヤバかったので(語彙力)書き留めておきたい。

ネクドリ。
歌いながらセンターに登場するたまもりくんを見て既にすーっと涙が伝うくらいには迫力に圧倒される。
キラキラの衣装に負けないオーラと、気合の入った眼差し。ふと見せる(安井くんとにこっと)笑顔にすら座長の貫禄を感じた。

見上げる玉森座長はとてもキレイでかっこよくて。1週間ぶりなのに、また一段と強くなってるようにすら見えて。


撮影所。
この映画の主役はユウタ!で登場してから近づいてきてトロッコ?から降りる時。ゴムをはずす動作。

まっすぐ前を向いて、手元は見ずにゴムをはずすんだけど、その動作が贔屓目かもしれないけど表情を感じた。割り切って仕事を引き受けて、ある意味投げやりな感じというか、乱雑な外し方がハッとさせられた。


ビューティフルデイズ。
いつもそう。いつも号泣してしまう。笑顔で溢れる平和な時間。

今年は「カラフルな世界で心はモノトーン」にちなんでモノトーンからカラフルになる衣装、そこでキラキラー✨という音。

だめだ、思い出すだけで涙腺がゆるむんだよねこの曲。涙を拭いて、って歌われるとまただーーーって涙が流れるんだよ…。

唯一なんというか気持ちが安心するところだからなのか、こんなにピースフルな感じはきっと宮っちだからだし宮っち以外にはできない空間なんだと思う。

心はモノトーンだけどカラフルな世界にいるいうトシヤ。きっと心もカラフルでいたいよね。その葛藤がまたこの曲で浮き彫りになる気がしてしまうのは深読みなのかな。




JET BOYSのWelcome To My Hometown

夢にあふれた若いパワーが広がってて、とてもとてもかわいくって見てて眩しくてクラクラしそうになる。

でもね、やっぱりユウタ・ケント・トシヤ3人が昔は一緒だったことと比べてしまうんだなぁ。羨ましく感じちゃう。3人にとってのホームタウンは今どこにいっちゃったんだろう。


それにしてもみじゅきはほんと大っきくなったねぇ(母目線)。



アドリブシーン。

何かもっと驚くようなことが足りない、という台詞から驚くことをすることに。

橋本くんが振られ、隠してあったバトンを出して、今やっていいですか?って披露することに。

バトンやってたので、エルボーとかツースピンくらいしてくれるかとすごく期待してしまったよごめん笑。


それはおいといて。

案の定そのまま宮っちもやることに笑。

バトン持った瞬間からもう分かりやすいくらいバット笑。

?「さぁバッターボックスに入りました」
?「かっとばせー!」
と周りが盛り上げるけど、

「いつまで遊んでるの!!」と途中でリカさんにバッサリ切られる笑笑。


そして去り際のリカさん。
リカ「トシヤも驚く話、あるんでしょ?」
トシヤ「!?ホホホホ!オホホホホホ!」(口に手をやってお嬢様?みたいに笑う)


トシヤ「ショートコントやります!」
と、また橋本くん出てくる。
リカ「驚くかしら…?」

ネタはジャニーズファンあるある。

なかなか起きないのに、「めざましテレビにキスマイ出てるわよー!!」と言ったら一瞬で起きるというあるある笑。

橋「えっ!?宮田くんどこどこー?たまちゃんどこどこー?」
会場笑。
橋「藤ヶ谷くんかっこいいー♡」
宮「ジャニーズファンあるある。めざましテレビに出てると2秒で起きる」

リカ「トシヤ、そろそろ独り立ちして」

バッサリwww


ボクシング試合の入場シーン。
初めて1階に入ったのでちゃんと見れたのも初めてだったんだけど…

ほんっと髪の毛また切ったことですっとんとんのまんまるのヘアスタイルなもんで、どこのかわいいおぼっちゃまが登場したのかと…

なのにあんな気迫で試合に立ち向かうんだからもうギャップにやられまくる。


はしやすめ。
千ちゃんのチャンプの狂気的な強さも、また更に増してきてるし、真田くんのゾッとするくらいの悪さも。真田くんはこうやってJr.のお芝居を引っ張ってるんだろうなぁと、内外合わせて舞台やってるって強いなぁって思う。

宮っちは、それこそ以前はただただいつもユウタを信じてくれてたけど、今回は自分の目で見たものを信じるが故にユウタを信じないから、それだけで辛いんだけど、

潔くそれを演じて(当たり前だけど)るから、その辛さがはんぱない…。ほんとにそう思ってるんだなっていう辛さが。

ケントはユウタを今回は唯一信じてるんだけど、今までだってケントはユウタを信じてた。でも今回ぐっとくるのはきっと前半で試合を棄権されて裏切られたことでの怒りの部分、

信頼をなくしてからの試合、「どっちが勝っても俺たちの関係は終わりだ」というところ、

そのあたりからのケントだけが信じてた、というところへ繋がるときの対比がすごく分かりやすくて、だから話にすごく入ってしまって震える部分が多い。


クレドリ。
クレドリはユウタの本当の心の中の熱い感情を剥き出しに外に出すような感じに対して、Survivorは内側のものを自分で消化するような納得させるような感じがあるというか、そんな気がして、どちらもどちらで引き込まれるんだけど、やっぱりクレドリほんっっとやばい。

夢も希望もない、っていう歌詞にさ…てかそもそもCrazy My Dreamだもん…

ひとりで抱えて進むユウタと、この歌とダンスに毎回涙が止まらなくてクレドリ大好きすぎてやばい…。

組曲
だんだん回を増すにつれて、この組曲がとても好きになってきたし興味深くみるようになってきた。。

これは25日の観劇でしっかり観たのでそっちで。


Show time
えびばで。
玉森くん、舞台に上がる時ぴょん、とジャンプするように。千ちゃんがカモンカモンしてるの見て
ニコニコ笑いながら。

むちゅー。
安井くんと目を合わせてにこっ、後ろ向いてモロやみゅーとくんとにこっと。
Love-tuneに囲まれて歌う姿と、その光景がとってもキラキラしててピースフルすぎて泣けた。
とうとうむちゅーで泣くほどになってしまったと思ったし、
一緒に入った友達にはそこで泣く意味が分かりません、そこは笑顔でしょう、と
突っ込まれたけど、ビューティフルデイズと同じ空気。

ぐらびてぃ。
終始ごきげん。玉森くんこれ好きなんだろうな。
(’・_,’)ふんふーん♪って声が聞こえそうなノリノリ。
たまもりくんが楽しくて楽しんでるならそれでいいよ…。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。


座長挨拶。
本日はどうもありがとうございました。もう後半戦になってきましたが、またここで引き締め直してチーム一丸となって全力で努めたいと思います。本日はありがとうございました。
本日はどうもありがとうございました。

広告を非表示にする