読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海馬の星

玉森くんとキスマイ。書き留めておきたいことを綴るところ。降りそそげ愛のシャワー。

ジャニーズ・オールスター・アイランド 12月8日昼公演(一幕)

ジャニアイ

ジャニーズ・オールスター・アイランド、今回は最初で最後の1公演を観に帝国劇場へ。
話の内容が理解できないまま終わりそうな気がしていたので必死にインプットしていたものの、結局は支離滅裂なままのアウトプットになりそうな気しかしない笑。
帝国劇場『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』



ちなみにわたしジャニーズの舞台ったそういえばドリボしか見たことない。


ピカピカした電飾から始まり、幕が開くとジュニアマンション
初っ端から目が足りない。
Mr.King(ピンク)→Prince(水色)→SixTONES(黄色)→Snow Man(青)→Love-tune(オレンジ)→Travis Japan(緑)→Hi Hi Jet(赤)の順だったと思うんだけど、それぞれのグループ名の入った曲をそのグループごとで踊る。
ちなみに衣装もカラーでグループごとになってる。

その曲が終わるとマンションごとハケて、更に小さいジュニアたちが白い衣装で登場。2階席からはあまり見えなかったんだけど、誰かが英語で全員の下の名前を紹介しながら。

そして3人が1人ずつ曲に合わせて登場。勝利くん、たまもりくん、たいぴちゃんの順かなぁ。
たまもりくんは登場してすぐステッキを落としちゃってどんくさもりくんだった笑。
それにしてもたまもりくんほんと美しい。ステッキと一緒に踊るのも可愛かった。
曲の感じといい、ピエロというか、ショーに出ているお兄さん感というか、
楽しくてふわっとした空気があった。レビューって感じが似合ってた。
時折またお口をむにっとしてて、あぁたまもりくんだなぁって。


たいぴちゃんも終わったら全員で歌って踊る。Let's Go To TOKYO。
「過去と未来を繋ぐ場所へ」「 踊るのさforever」くらいしか書き取った歌詞で読めるものがなかった( ´;ω;` )
たまもりくんは少し後ろの方にいたんだけど、ちょっと無になってて笑。
でもそんな感じでも相変わらず指先がきれい。

そしてそこからショーマストゴーオンのシーン
(たまもりくんしか見てなくて何が起こったか全く分かんなかった笑)。
たいぴちゃんとたまもりくんの対立。
たまもりくん「悩むな!」
たいぴちゃん「いいや悩め!」
最後には同じ方向を向くけれど、冒頭から2人の意見の違いがあることで
明暗というか、コントラストが演出しやすいんだなぁって伝わってきた。

すの、壁フライング
ドリボみのあるオフィス街の映像から始まってさっくんがまず1人で。そのあと岩本くんかな。
そして両サイドで2人ずつが縦になってフライング。
これは呼吸合ってなかったらできないだろうし、すのだからできるパフォーマンスだと思った。

後半はまたさっくんが1人残る。後ろの映像も炎→雲、みたいにどんどん変わる。
ここでも多分たいぴちゃんが喋ってるんじゃないかな…。
炎や雲の映像の中でフライングしてたさっくんは最後にその幕に吸い込まれるようにし消えていった。そのあと流れた映像がすごい酔った…。

一転、太鼓
ここは結構長く時間取られてるんだけど、ほんと圧巻のパフォーマンス。
下にローラーが付いてるので動かしながらフォーメーションを変えて演奏したりと
見応えがあった。
たまもりくんを尊先と公言してる長妻くんを見てると、ぺろっと唇をなめたり、むーーっと食いしばって叩いてる姿が少したまもりくんと重なった。
しかし手足が長いからみんなより大きく足を広げて立つ必要があるのが大変そうだなぁと。
他のメンバーもすごい迫力なんだけど、それでもドラム経験者は余裕がある。
みんなは必死に叩いてる感じなんだけど、岩本くん萩谷くんあたりは視線がまっすぐ前だったり、
周りを見る余裕が。それもそれですごい!と感動した。


たいぴちゃんと勝利くんが出てくる。
たいぴちゃん「過去はどうだ?」


そして戦争のシーン
年代ごとかグループごとか、集まりの中の1人ずつが
「行ってまいります、」という切ない内容の台詞を発して戦地へ乗り込む。
1番グッと来たのは「まだ遊んでいたかったなぁ」っていうチビジュの台詞。
小さい子もそうやって運命に翻弄されてしまうのが悲しい。

そしてそこから兵隊のマーチ。
さらに岩本くんが大きなピンク?赤?の銃を持って登場し、それに続いて銃を持って行進が始まる。最後は全員銃をスピントスしてキャッチ。

東京オリンピック
戦争のシーンが終わったら再度たいぴちゃんとたまもりくん。
のそのそっと登場するたまもりくん。
たいぴちゃんがこの戦争の、暗い過去の話をしていても
「偉大な偉業があるんだ!」
「そのわずか18年後、東京オリンピックが開催された。」
と、明るい未来を話す。
それに対してたいぴちゃんがまたつっこんでも、
「なんで素直に見れないかなぁー!」って目を細めてダンダン!って駄々こねるみたいになりながら返す。(めっかわ)
「輝かしい部分。喜びの歌が聞こえてくるだろう!?」っと振って、すたすたすたーってハケていく。


ここからは体操のお兄さんみたいな衣装を着たPrinceが旗。キングがバトン。あと赤いユニフォームで体操選手のようなパフォーマンス。
紫耀くんのバトンがあまりにうまくて、バトンやってたわたしはそこばっかり見てしまった。
ちゃんと重心が分かってるというか、バトンって両サイドのゴムの重さが違うので、
ど真ん中を持ったらバランス悪くって、持ち方とか回す時の親指の使い方とかにコツがある。
紫耀くんはその辺が完璧で、だから回るスピードも速いし綺麗に回転するし、
回転なしで投げる時もまっすぐ。スピントスもほんと綺麗。
最後はみんなワンスピンしてキャッチ。

次に中央にバンクが登場して、ハイハイがローラーパフォーマンス。
続いてすのすとのバスケ。これがなかなか決まらなくて残念だったな…。
1番最後は繋いで繋いで最後のダンクは大成功。

たまもりくんが壁側の窓に登場して、たいぴちゃんの前振り。
たいぴちゃんソロ。
衣装はツアーで1人結婚式と言われた時のと似てるかな。ひらひらしてる感じが。
椅子を使って踊る。バックも含めて踊り狂う感じがとってもカッコいい!

たまもりくんソロ「Dinga」
衣装は黒のサルエル、上は長めの白。黒のハイカットスニーカー。
かっこいい…美しい…震えるくらい素敵…。
EDMまでいかないけどALIVE寄りな曲で、ダンスもたまもりくんらしくてかっこいい!!

肩から腕にかけての動きのしなやかさ、綺麗な指先。
ブラホワで、あごに人差し指をあてて頷く振りがあるけど、それに近い動きがあってすごく好きだった!
歌詞も「あきらめない」っていう強い意志のものもあり、英語も多かったな。
またこれどこかで観れるといいんだけどなぁ…。

基本たまもりくんロックオンしてるので他まで見る余裕ないんだけど、途中でたまもりくんの両サイドが岩本くんとジェシーっていう
なんともスタイルの良い3人が視界に入って。そうだ、スタイリッシュだこの曲…!ってさらに感動した。


続いて勝利くんソロ。


そのあとまた体操っぽくなる。
YMCAみたいな衣装(ってメモに書いてる)で踊ってる。


すのはアクロバティックとジグザグのアレンジ曲を。
続いてトラジャ。
キングとプリンスは竹フライング。
この辺からなんだか大掛かりなアクロがさらに増えてきてる印象。

らぶとぅんはハムスターの乗るみたいなのに乗って登場。
長妻くんめっちゃ楽しそうwwの横見たら安井くん居てリアルハムスターかわいい…!
真田くん萩谷くんはそれこそテーマパークのアトラクションのお兄さんのような佇まいだった。
更に後ろには星の形の装置も。

背景にもイルミネーションみたいなキラキラした画面があったり、遊園地のようなシーン。

ここまでが一幕。
目まぐるしく進むストーリーに、目まぐるしく主演の全員が踊り歌い、
なんというショーなんだ…とただただ圧倒される時間だった。
すごい贅沢な時間だなぁって鳥肌が立つ。

幕が上がってすぐなんて、こうやってたくさん居るジュニアのみんなも、いつしかデビューしてこの舞台を懐かしく思うことだってあるんだろうなぁって(直前にキスマイのプレゾン観なおしてたから余計に)なぜかうるっときちゃったりもした。

後半も楽しみだなぁってワクワクするこの感じは言い表せない!